無断駐輪の対策法

アパートやマンションを経営している方で、住民のものでない放置自転車の存在にお悩みの方はいませんか。
こちらでは、放置自転車を撲滅についてご紹介しています。

■ 放置自転車は勝手に処分してはいけない ■

放置自転車を見つけたからといって、すぐに勝手に処分することは許されていません。日本では「自力救済の禁止」という法律があり、勝手に自転車を持ち出したり処分してしまったりすると、損害賠償を請求され訴えられる可能性もありますのでご注意ください。

しかしながら訴えられたにしても、相手側も勝手に他人の敷地内に侵入し住居侵入罪という犯罪行為をしているわけではあるのですが、どのみち喧嘩両成敗という結果にしかならないこともあり、皆様が望む結果を得ることはできないでしょう。ではどうすれば良いのでしょうか。

■ 駐輪ステッカーで撲滅を図ろう ■

放置自転車の撲滅を図るなら、駐輪ステッカーを活用するのが効果的です。ご自身が経営するアパートやマンションの住民へ所有する自転車の数だけの駐輪ステッカーを配布して貼付するよう徹底しましょう。

これで、無断で駐輪しようとする人もシールの存在に気付きやめてくれるかもしれません。万が一駐輪したにしても、シールが貼付されていないことから住民の方以外の放置自転車だということがすぐに分かります。

その後は張り紙などをして注意を促していきましょう。張り紙をするときは粘着力の強いテープやシールを使用するのは避けましょう。跡が残ってしまいこれを逆手に文句をつけられる可能性があります。相手からつけ込まれる隙を与えないという心構えで臨んでいきましょう。

駐輪ステッカーを業者へ発注しようとお探しではないですか。当社は駐輪ステッカーのご注文を承る印刷会社です。夜光反射材のステッカーも扱っていますのでいかがでしょうか。オリジナルステッカーのご要望も承っていますのでお申し付けください。

創業56年の経験と実績で、満足のいくステッカーに仕上げられるよう努めます。値段が安い業者をお探しの方も、まずは無料見積もりをご依頼ください。お待ちしています。


ホーム | 仕事へのこだわり | Q&A | スタッフ紹介 | 会社案内 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー