自転車の利用環境を整えるために

自転車の普及が進む一方、様々な問題点も浮き彫りとなっています。利用環境を整えるためにも、まずは自転車をめぐる社会問題を把握することが大切です。

■ 自転車環境の問題点 ■

⇒ 放置自転車の増加

自転車環境の社会問題として大きく挙げられているのが、放置自転車や無断駐輪の問題です。とくに、放置自転車はマンションや施設、駅前などに設けられている駐輪場以外の場所に放置されているので、非常に多くの方の迷惑となっています。

歩行者の通行や救急車の進入、災害時の非難妨害になったり、街の美観に悪影響をもたらすなどの様々な問題を引き起こします。

⇒ 自転車盗難の増加

技術の進歩により高性能で高品質な自転車が数多く登場しています。そのため、自転車を売買目的で盗む事例が増加してきています。

自転車の施錠が勧められていますが、「コンビニに立ち寄るだけだから大丈夫だろう…」といった油断から盗難被害に遭う方も多いです。

⇒ 自転車事故の増加

利用者が増えることで懸念されているのが、自転車事故の増加です。自転車事故の被害に遭いやすいのは、小学生〜高校生の子供たちです。交通手段を持っていない子供たちが移動する手段として自転車は有効活用されているのですが、このような事故が多発すると親御さんも安心して見送ることができません。そのため、自転車事故を減少させるための対策が求められているのです。

■ 問題点の対策として ■

自転車をめぐる社会問題を解決へ導くために推奨されているのが、駐輪シール通学許可シールです。

当社は、駐輪シール・通学許可シール作成の専門的な知識とスキル、経験を兼ね備えた印刷会社ですので、同業者さんからも発注のご依頼を受けております。夜光反射シート・封入レンズ型反射シート・塩化ビニールベースなどのこだわりの素材を使用しているので、管理面・安全面に優れています。上記のような問題点の対策にも最適です。

また、ご希望のデザインをご注文いただけますので、学校の校章やマークを入れるのも良いですし、オリジナルデザインを施せます。全て社内にてデータの作成から加工、印刷まで行っておりますので、お求め安い価格でご提供することができます。

リーズナブルに高品質な駐輪シール・通学許可シールを作りたいという方はお気軽にご相談ください。


ホーム | 仕事へのこだわり | Q&A | スタッフ紹介 | 会社案内 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー