放置自転車対策の成功例

近隣への移動手段としてとても便利で経済的な自転車ですが、使う人が多い分交通ルールやマナー違反の数も増えています。そして、このような違反にお困りの方も必ずいらっしゃいます。こちらでは、自転車の交通ルール違反の中でも多い、放置自転車の対策で成功した例を挙げていきたいと思います。

■ 駐輪場の設置・増設 ■

駐輪場がそもそもないという場合、可能であれば駐輪場の設置でみんなが安全に気持ち良く過ごすことができます。自転車なら小さなスペースで多くの台数を停めることができるので増設を考えてみるのもひとつの対策かもしれません。

■ 小学生が描いたイラスト ■

駐輪場の設置・増設が無理な場合がもちろんあると思います。東京や大阪、神奈川県などの一部の地域で実験的に行われた、ある放置自転車対策はとても大きな効果があったそうです。それは、地域の小学生が描いたイラストを放置自転車の多い場所の路面に貼るという作戦です。「子供が描いた絵の上にはさすがに置けない」という心理を利用した方法です。とくに放置自転車の多い大阪でもこの対策の成果が出たそうです。

■ 自転車の即時撤去 ■

駐輪禁止のエリアを指定し、禁止エリアに停められた自転車を即時撤去する対策です。放置自転車を即時撤去することで、自転車の所有者に違反しているという意識を強く持たせることができます。よって「この場所には駐輪してはいけない」と考えるようになるため、放置自転車の減少に成功したと考えられます。

すぐに実践できる対策を希望する方には、駐輪ステッカーをおすすめします。安く早く作成できる駐輪ステッカーなら、すぐに放置自転車対策を実践することができます。

当社はオリジナルステッカーやシールの販売をしている印刷会社です。いつでも安心・安全に自転車を利用できる、夜光反射材を使った駐輪ステッカーの作成も行っております。業者様からの発注も承っておりますので、お問い合わせや無料見積もりのご希望などございましたら、当社までお気軽にご連絡ください。


ホーム | 仕事へのこだわり | Q&A | スタッフ紹介 | 会社案内 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー